アイフルは総量規制対象外ではありません

何か誤解があるかもしれませんが、アイフルは総量規制対象外ではありません。といっても何のことか分からない人もいるかもしれませんので、総量規制対象外とは何かを説明する必要があるでしょう。これは、ある個人が借りることのできるお金の総額を、その個人の年収の3分の1までに規制するという法律のことです。どうしてこんな法律ができたのかというと、年収の3分の1を越えてお金を借りるような人の中には、最終的には返済ができなくなって行き詰ってしまう人が多かったことから、それならば初めからそのような多額のお金を借りることを規制しましょうという理由で設けられたわけです。
世の中にはたとえ高額のお金を借りてもきちんと返済をしている人も当然ながら多く存在するわけで、大多数のそのような真面目な人にとっては迷惑極まりない規制ですが、法律として成立してしまった以上はアイフルとしても守らざるを得ないわけです。
しかしながら、どんな借金であっても全てこの総量規制の対象であるわけではなく、総量規制対象外の借金も存在します。例えば銀行から借りる住宅ローンなどは総量規制対象外です。年収の3分の1どころか3倍借りているような人も少なくないでしょう。
一方でアイフルのカードローンなどは全てこの総量規制の対象です。つまり、アイフルからお金を借りようとする場合は、自分の年収の3分の1までが上限です。もちろん常にそこまで貸してくれるわけではありませんが、それを越えることは決してありません。

アイフルの借り方|アイフル審査をスムーズに通過するにははこちら

消費者金融の借り換えにかかる時間は?

消費者金融の借り換えは、複数の借金を一つにまとめる際に有効です。複数の債務があれば、それぞれに支払いをしなくてはならないため面倒ですし、最低支払額を複数に支払わなければならないため負担が大きくなってしまいます。その点、一つならば、一社分の最低支払額分を払うだけなので、収入から十分に支払っていくことができるため、生活の立て直しができます。
この消費者金融の借り換えにかかる時間ですが、業者によって異なります。速いところだと、30分ほどで審査が終わります。時間がかかるところだと、2、3日かかります。そのため、急ぎで借り換えをしたいのであれば、スピード審査を謳っている椅子消費者金融を選ぶと良いです。注意点としては、これはあくまで借金を別のところに申込むことと変わらないので、すでに延滞をしているといった事情があれば審査に通らないという点です。そのため、返済が困難な状況に陥っている人は、おまとめではなく債務整理や法的整理を検討するべきです。
また、単に一社にまとめるのではなく、より返済を楽にしていきたいというのであれば、銀行系の低金利の所に申込むのがおすすめです。審査はやや厳しい傾向にありますが、金利は大幅に下がりますので、毎月の支払いがかなり役になります。そのため、まずはだめもとで銀行のおまとめローンに申込んでみると良いでしょう。重要なのは、より返済が楽になり、生活を立て直せる方法を考えていくこととなります。
消費者金融大手の口コミ評判ランキングはこちら

アコムの申し込み方法について

アコムの申し込みには、いくつかの方法が存在します。現在最も多いのは、ネットからの申し込みです。インターネットを使えば、いつでも時間を気にする事無く、気軽に申し込む事が出来ます。

またネットの場合は、人と会ってやり取りする必要もありません。こうした申し込みの手軽さから、年々インターネットを通じた申し込み利用者が急増して来ています。

これは、パソコンだけに限りません。近年、スマートフォンの爆発的な普及により、スマホや携帯から申し込みを行うケースも増えて来ているのです。スマートフォンに限っては「アコム専用アプリ」もリリースされています。

こうしたアプリを使えば、ガイダンスに沿って簡単に申請を完結させる事が出来るのです。また、一昔前のようにわざわざ申請書類をコピーする必要がありません。スマホや携帯のカメラ機能を使って、そのまま撮影したもの(本人確認書類や収入証明書等)を送信する事が出来ます。

パソコンの場合もスキャナしたもの、デジカメで撮影した書類をそのままアップロードすれば完了です。もちろん、ネットの利用に慣れない方は、郵送やファックスで送信しても構いません。

また、スピーディーに即日融資やカードの即日発行を望まれる方には、アコムの無人契約機「アコムむじんくん」の利用がおすすめです。

その他にも、アコムには有人窓口も一部設けられているので、皆さんのニーズやライフスタイルに合わせて、カードローンの申し込み方法を選択して下さい。

三井住友銀行カードローンは極度の増額も電話でできる

三井住友銀行カードローンを一番最初に申し込む方法は大きく二通りに分かれまして、これからカードローンを利用していくにあたってどういうカードを使っていくかによります。一つ目は返済時の自動引き落としに用いる口座のキャッシュカードと兼用していこうという場合で、インターネットか三井住友銀行の店内にありますローン契約機かのどちらかで申し込みます。二つ目はローン専用のカードを新規に作ろうという場合で、この時はそのほかに電話や郵送や窓口でも申し込むことができます。

これに対しまして、契約極度額を増額したいという申し込みの場合はローン契約機で入力するか電話かのどちらかになります。どちらも申し込みは簡単にできますので便利です。ローン契約機は三井住友銀行のキャッシュコーナーなどにありますが9時から21時まで受け付けていますので遅い時間まで利用することができます。

三井住友銀行カードローンで極度の増額を申し込めるもう一つの方法が電話です。近くに三井住友銀行の店舗がない人や自動契約機で申し込むには操作が心配な人でもこれなら担当のオペレータの人と直接話をして申し込めますので安心です。三井住友銀行カードローン口コミを見てみると、利用者の申し込みや届け出、相談のために専門の番号を設けていまして、受付時間は自動契約機と同じ9時から21時です。銀行で窓口に行って何か申し込むとしますと15時までに終えなくてはなりませんので、遅くまで受け付けていまして便利です。さらに元日を除いて土日祝日も受付を行なっているのも特徴です。この点もたいへんに使いやすいと言えます。