高額医療費は総量規制対象外ローンにしても返済計画を立てやすい?

自動車や家を購入する時に、大多数の方がローンを利用すると思います。かなり高額なローンになりますので、しっかりとした計画を立てなければなりません。

現在、テレビのコマーシャルなどでよく目にする、有名な芸能人を起用して自社の金融商品を紹介するものを良く目にすることがあります。ここで紹介されている金融商品というのはその大半が消費者金融会社の商品です。この消費者金融の商品で問題になるのが総量規制です。平成22年の貸金に関する法改正で、消費者金融などの金融商品に対して、年収の3分の1以下までしか借入をすることができなくなりました。

その為、あまり年収がない方にとっては、今までとは全く違う生活を送らなければならないケースも少なからず増えています。特に持病などをもたれていて、健康な人ほど働くことができない方は高額な医療費が払えなくなる場合も少なくありません。

この貸金に関する法改正には総量規制対象外があります」。一番わかりやすい総量規制対象外のローンは銀行の金融商品です。消費者金融のローン対して銀行のカードローンは総量規制対象外で、金利も低く設定されています。

この総量規制対象外のローンを利用すれば、高額な医療費を支払わなければならない場合、まずはローンを利用して医療費を支払い、低い金利で返済していくことができるので、医療費を支払う際に困らず、返済を生活の中で計画的に行うことができるので、非常に便利です。
http://souryoukisei.info/