アイフルは総量規制対象外ではありません

何か誤解があるかもしれませんが、アイフルは総量規制対象外ではありません。といっても何のことか分からない人もいるかもしれませんので、総量規制対象外とは何かを説明する必要があるでしょう。これは、ある個人が借りることのできるお金の総額を、その個人の年収の3分の1までに規制するという法律のことです。どうしてこんな法律ができたのかというと、年収の3分の1を越えてお金を借りるような人の中には、最終的には返済ができなくなって行き詰ってしまう人が多かったことから、それならば初めからそのような多額のお金を借りることを規制しましょうという理由で設けられたわけです。
世の中にはたとえ高額のお金を借りてもきちんと返済をしている人も当然ながら多く存在するわけで、大多数のそのような真面目な人にとっては迷惑極まりない規制ですが、法律として成立してしまった以上はアイフルとしても守らざるを得ないわけです。
しかしながら、どんな借金であっても全てこの総量規制の対象であるわけではなく、総量規制対象外の借金も存在します。例えば銀行から借りる住宅ローンなどは総量規制対象外です。年収の3分の1どころか3倍借りているような人も少なくないでしょう。
一方でアイフルのカードローンなどは全てこの総量規制の対象です。つまり、アイフルからお金を借りようとする場合は、自分の年収の3分の1までが上限です。もちろん常にそこまで貸してくれるわけではありませんが、それを越えることは決してありません。

アイフルで審査落ちの前に知るべき10の心得はこちら